社員研修はビジネスマナーを学ぶだけではない


社員研修にも様々なものがある

新入社員にとって、社員研修は最初の仕事や試練とも言えます。元々社員研修とは、社会人として、また社員の一人として自覚を持たせ、ビジネスマナーや、会社の仕組みなど多角的に学ぶことです。そして何より会社の即戦力として、すぐに活躍出来る人材になって欲しいという側面も持ち合わせています。社員研修と言っても様々なやり方があります。研修施設で名刺の綺麗な渡し方や、礼儀、とっさに起きた出来事の対応の仕方など、ビジネスマナーを学んだり、中にはお寺で精神統一などを学ぶために、座禅や掃除などを行う研修もあります。

新入社員だけではない、必要な研修とは

新入社員は会社を写し出す鏡のような存在であると言われています。顧客にとって新入社員は、その会社を写し出す姿であり、将来の会社の姿という見方をする人もいます。また社員研修と言っても、新入社員だけが受けるものだけではありません。例えば昇進した折に、自分の部下に対しての対応の仕方や、コミュニケーション力を学んだり、聞く力や助言方法など人の上に立つ立場だからこそ、注意し配慮することを学ぶことも、社員研修と言います。このように経験を積み上げてきた者でも、その立場がかわればその立場に必要な社員研修も、必要になってくるのです。

営業研修などの社員研修

営業研修ではどのように売り上げを伸ばしていくのか、また売りたいものに対しての特徴や話法は大変重要です。実地として、先輩の営業に同行する、アポイントの取り方を学ぶなど、自分が想い描いていた営業方法との違いを感じることも、研修の意義であると言えます。

管理職研修とは、管理職の社員が経営視点を持った人材に成長するための研修です。ケーススタディや討議を通じた研修で、実践する力をつけます。