事業承継には何が必要?事業継承のポイントとは


事業承継ってどんなこと?

事業承継とは、企業などの経済活動を、親族や従業員などの後継者や、M&Aの相手に継承・譲渡することです。中小・零細企業においては、事業継承が進んでいないことが多いようです。事業継承が進まない要因としては、少子高齢化による後継者不足が挙げられます。経営者の子供が一人しかいなかったり、子供が会社経営を拒否したりするなど、さまざまな事情が考えられます。経営者に子供がいない場合は、親族以外から候補を探すことになり、後継者選びがさらに難しくなるでしょう。また、事業経営自体が困難になっているというケースも考えられます。景気が回復しても中小・零細企業にまで影響が及ばず、利益が増加しにくくなっている場合は、後継者に名乗り出る人材が少なくなってしまうかもしれません。

事業継承を成功させるポイント

事業継承において最も重要なことは、経営者が築いてきた事業を優秀な人材にバトンタッチすることです。必ず経営者の子供に継がせなければならないということではありません。事業継承によって、企業やその関係者に良い影響をもたらし、企業のさらなる発展につなげることなのです。そのためには、後継者の選定が何よりも重要です。従業員としての能力だけではなく、経営者としての手腕も判断しなければなりません。人間性を含めて、総合的に判断する必要があります。後継者が決まれば、後継者として教育していく必要があります。取引先との信頼関係の築き方や、資金調達の方法など、計画的に経営者教育を行いましょう。

自社の社員や親族へ継承させるとなると、数年の時間的余裕が必要になる場合があります。一方、M&Aならば短期間で継承可能な場合もありますが、事業承継の相手がすぐに見つからないことも覚悟しておくべきです。