引越時に片付けは不可欠!手間暇を軽減するポイントとは


ふだんから片付けをしておこう

引越をするときは、思った以上に体力や気力が必要になります。備え付け家具がある住宅から引っ越す場合はともかく、そうでない場合は部屋の片付けが不可欠ですよね。引越が決まったら荷造りや片付けの段取りに入りますが、ふだんから片付けしておくと慌てなくても済みます。特に、転勤が多い職場に勤めている人は、整理整頓の習慣を身に付けておきましょう。

リサイクルショップの活用も考えよう

引越荷物を減らすためには、リサイクルショップを活用することも考えましょう。タンスや押入れの中には、ずっと眠ったままのモノも少なくありません。「また使うかもしれない」「捨てるのはもったいない」と思うのも無理からぬことです。しかし、元の場所へ戻しても日の目をみないままで終わるかもしれません。また、使わずに置いているほうが「もったいない」ですよね。リサイクルショップで買い取ってもらえれば、いくらかの収入にもなります。さらに、引越荷物も減るため、引越費用の軽減に役立つことも期待されます。

不用品の回収を引越業者に相談する方法も

リサイクルショップで査定を受けた結果、まだ使えるのに買取価格が付かないモノもでてきます。そんなときは、身近な人に譲ることも選択肢のひとつですが、相手に失礼になることも知っておきましょう。使い途が考えられないモノは、引越を機に手放すことをおすすめします。行政の「粗大ゴミ収集日」を利用する方法や、業者に廃棄を依頼する方法を考えましょう。引越業者のなかには不用品の回収を手掛けているところも少なくないため、見積時に相談してはいかがでしょうか。

引越しの時は不用品の回収業者に相談すると便利です。不要物の処分だけでなく引越しのサービスを引き受けてくれる可能性があります。買取も実施してくれる業者もあります。