起業をしたいならまずやるべきこと!始めの第一歩!


何で起業するか決める

自分で会社を興して事業を始めたいなと漠然と考えている方もいるかもしれません。そんな場合はまず、起業をするためのビジネス軸をはっきりとしましょう。ビジネスモデルを決めて、どんな業種で起業するかを決めましょう。

独立して起業する方法

一般的に多いのが、自分の得意としている分野で起業するという方法です。web制作会社に勤めている人が、現在の職業と同じweb制作会社を立ちあげるといったケースです。コンサルティング会社に勤めている人や設計事務所に勤めている人が独立をするといった場合もこれに当てはまります。
現在の職業からできることを探すと何か企業のアイデアが見つかるかもしれません。専門的な知識を持っていることなら、独自のカラーを出せる可能性は高いです。

起業のアイデアを得るために

現在自分がやりたいとと考えていることで起業するのもいいかもしれません。飲食店をやりたい、ネットショップを開きたいなどそれを実行してみる方法です。
また、過去に困って解決したことや現在自分が困っていることを企業のアイデアにする方法もあります。問題に対するソリューションを提供して、同じように困っている人のニーズを満たします。
この他、国内や海外で成功しているビジネスを模範にするといった方法も考えられるでしょう。自分のアイデアをそこに加えて、独自性を出していきます。シェアリングエコノミーといった考え方が徐々に現在普及し始め、日本でも民泊を始める方が現れています。このような現在の時代の流れや流行をとらえると、いいアイデアが出てくるかもしれません。

フランチャイズとは、特定の事業者が持っているブランドやノウハウを他の事業者に対して貸し出すことをいいます。