適性検査の種類と実施する検査の選び方のポイント


適性検査は何を基準に選べばいい?

人事転換や人事考課、採用などのときに適性検査を実施する会社が増えています。適性検査は単なる学力試験ではなくパーソナリティや能力、気質などを数値化できるというメリットがあります。しかし、現実に適性検査を実施したいと考えても、様々な種類があるので、どれを選べばいいのかが問題になります。

適性検査の選び方を間違えないためには、まず、なぜ適性検査をするのかを明確にする必要があります。能力やスキルを調べる、性格や気質を調べる、興味のあり方や熱意などを調べるなどの目的によって選ぶ適性検査は変わってきます。また、会社で一斉に行うのか、各自自宅で受けるのかなどによっても選び方は違ってきます。

適性検査の種類と方法

適性検査は大きく分けると能力検査と性格検査に分かれます。一般能力テストでは基本的な語彙力や演算能力など学力テストに似たテストが行われます。A式、B式テストでは言語的な検査と図形的な検査で空間把握能力などを調べます。パワー、スピードテストでは語彙力や読解力、判断力、即断力が分かります。記述式検査では表現能力や語彙力を調べます。

性格検査の質問紙法では、はいかいいえを選択して性格傾向を数値化します。投影法は抽象的な画像から何を連想するかで性格を知ろうとするものです。作業検査法では一定の作業を続けて作業能力のパターンを調べます。

適性検査をすることでどのような効果をえられるか?

適性検査をすることで個人の能力や気質などを数値化することができます。たとえば、面接のときなどには、見た目の印象が大きく影響します。そんなときにも見た目の印象と適性検査の結果ををすり合わせながら正確な評価へとつなげることができます。採用や配置転換などに役立てることができるのです。

新卒の就活でも中途の採用試験でも聞くのが適性検査です。企業が実施する目的は応募者が募集する職種に適した能力や学力があるかを判別する試験、検査のことを言います。主に性格と学力などの能力検査があります。